クイーンズビラについて

クイーンズビラについて

クイーンズビラのご紹介

コンセプト

クイーンズビラは、在宅生活では不安な方、高齢や障害によって介護が必要になった方などに、医療、介護、バリアフリーを備えた住まいのご提供や、専門の介護職員によるきめ細やかな対応で、安心・安全な楽しい生活を送っていただくお手伝いをさせていただいております。
また、人と地域をつなぎ、人と人とのふれあいを大切にする介護を目指し、在宅介護支援から生涯にわたる入所まで、ご利用者様とご家族の安心のため、暖かい思いと感謝の気持ちを大切に施設ご利用の皆様をサポートしてまいります。

理念

○私達が暮らしたい施設を作ります
○私達が使いたいサービスを提供いたします

ごあいさつ

中村 洋子

ご入居していただきますご本人様、支えるご家族様に、「安心して、楽しく生活していただきご長寿をまっとうしていただくこと」が私の願いであり、大切にしていることです。
高齢による生活の不安や障害によって介護が必要になった方などは、お一人おひとりお体の具合が違うものです。その方々に合ったきめ細やかな介護をすることで安心して生活ができてきます。
また、介護だけでなく、日々の生活も大切です。例えば生活に欠かせないお食事一つをとりましても、季節折々の食材を手作りで調理し、もちろん栄養バランスも考えておもてなしいたします。私も山に入り山菜採りをしたり、田畑でお野菜を育てたりして、それを食卓に並べて入居者の皆様に採りたてを味わっていただいております。
喜寿や米寿など長寿のお祝いの際には、私の手作りちゃんちゃんこでお祝いをしています。ちょっとしたことですが、すべて「安心して、楽しく生活していただけること」への心配りだと思っております。これは、私だけでなく、クイーンズビラ全職員の気持であり、願いであり、家族であるという事です。
また、社会福祉法人熊谷福祉の里の防犯活動に対し、平成22年10月14日、熊谷市安全協会会長様および熊谷警察署長様から感謝状を頂きました。地域の福祉、安全の為、日々活動が出来ます事は、埼玉県庁、熊谷市役所、また日本財団様からの経済支援、ご助成のおかげでございます。
これからも、ご高齢者様とご家族様の幸せと安全、クイーンズビラ全職員が介護という仕事を通して社会人としてより成長し、1 人1 人が幸せになってくれる事が私の心からの願いです。地域に根差した福祉事業また奉仕活動を続けてまいる所存でございます。

社会福祉法人熊谷福祉の里 理事長 中村 洋子