埼玉県の特別養護老人ホーム・ケアハウス

地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域包括支援センターの主な役割について

※高齢者の生活する方々の介護予防や生活上の様々な悩みごとを相談するための窓口。

4つの役割

①介護予防ケアマネジメント(看護師)
・要支援を受けた利用者に、介護予防のケアプランを作成
・市町村が実施している介護予防プログラムの紹介や参加に向けての支援。
②権利擁護業務(社会福祉士)
・お金の管理や契約などに不安がある方に対して、高齢者の権利を守る
③包括的・継続的ケアマネジメント業務(主任介護支援専門員)
・地域が暮らしやすい地域となるために、ケアマネージャーからの相談や地域ケア会議などを実施し、自立に向けてのケアマネジメントの支援を行う。
④総合相談業務(社会福祉士)
・高齢者の生活相談を受け付け、必要なサポートや制度を紹介。

 

地域包括支援センターの職員の役割

・経験のある看護師・・・介護予防や健康相談。地域のネットワークづくり
・主任介護支援専門員・・・担当圏域内の介護支援専門員のスキルアップ支援
・社会福祉士・・・振り込め詐欺や悪質な訪問販売等の被害相談。認知症のために財産管理が心配などの相談に対して制度の紹介をしたりする。
・介護支援専門員・・・指定介護予防支援(サービス相談・調整やケアプラン作成)

 

地域包括支援センターに相談する場合の申込み方法

・お申し込みは特にありません。電話や来所して下されば相談できます。来所の場合は事前にお電話でご予約下さい。

 

どんな相談があるのか

・一人暮らしの親の心配。(食事などの日常の動作)
・通院する手段が無い。
・物忘れが出てきたようでどうしたらいいのか

介護以外のことでも、高齢者の生活についての心配事や困りごとを一人で抱え込まず、相談して下さい。守秘義務がありますので、秘密は厳守致します。

PAGETOP
Copyright © queensvilla All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.