埼玉県の特別養護老人ホーム・ケアハウス

スタッフ紹介-熊谷

デイサービスセンター
主任
ホームヘルパー2級、社会福祉主事任用資格
高永明子

介護の仕事を始めたきっかけは?
高永:子供の頃から福祉に興味があり、高校の時に保育士か介護士で悩みましたが、ピアノが弾けなかったので介護の世界に進みました。でも、実際に介護の仕事をしてみて、色々な世代の方と話をすることが自分にはあっていて、楽しいと感じることがよくあります。
入職して約2年で主任に抜擢されました。チームをまとめる上で、気を付けていることはありますか?
高永:現場の皆さん、事務の皆さんとコミュニケーションを取ることを大事にしています。何か仕事を頼むにしても、相手の状況を理解し、相談をしながら行うように意識しています。自分が指示される立場だったらこうして欲しい、ということを相手に対してするように気を付けています。
デイサービスセンターで仕事をしていて、嬉しかったり楽しかったりする瞬間は、どのようなときですか?

高永:ご利用者と触れ合うときです。デイサービスにはたくさんのご利用者が来て、あっという間に1日が過ぎてしまいますが、限られた時間の中でいかに交流・関わりが持てるか、ということを大切にしています。最近は事務の仕事もやるようになり、ご利用者と接する時間が以前より減っていますが、せっかく来ていただいているので、お互いにとってデイサービスの時間が豊かなものになるようにしたいです。

デイサービスセンター
介護福祉士
田島真琴

クイーンズビラに入ったきっかけは?
田島:ハローワークで相談している中で、クイーンズビラが参加する就職相談会を教えてもらい、そこでクイーンズビラを知ったのがきっかけです。
介護福祉士を取得されていますが、なぜ介護福祉士を目指そうと思ったのですか?
田島:高校生2年の夏休みに、同級生からボランティア活動に誘われ、特別養護老人ホームでボランティアに行くうちに介護に興味がわきました。介護業界で働くためには専門学校に通い、介護福祉士になるのが良いと分かり、そこで資格取得をしました。
デイサービスセンターでは、どのようなお仕事をされていますか?
田島:デイサービス(通所介護)のご利用者の、食事・入浴・トイレなどの介助や見守りをしています。また、主任が不在の時には、現場の指揮をとったりすることもあります。
1日あたり約70名のご利用者をお迎えしていますが、1人1人のニーズも異なれば、日によってもご利用者の状態は異なります。他の職員とのコミュニケーション、看護師や厨房職員との協力、ご家族との連絡ノートによる情報共有を通じて、最適な介助サービスを提供できるよう日々勉強の毎日です。労働条件は今の自分に一番あっているので、これからもクイーンズビラで仕事を続けたいと考えています。

デイサービスセンター
看護師
三澤友美

福祉施設で働くことにしたきっかけは?
三澤:総合病院で看護師として勤務していましたが、父の在宅看護を機に、看護と介護の両立をするために必要なことを学びたいと考え、介護施設で働くことにしました。
普段、どのようなことに気を付けて、利用者の方々をサポートされていますか?
三澤:高齢者の方々の安心・安全・安楽を支えてあげられるように、また、在宅で不安を抱えている方へのサポートができるように、声がけをしながら体調変化に注意しています。家族が身近にいない方が施設に来られることが多いのですが、そういったご利用者は、「話を聞いて欲しい」「ちょっとした気遣いをして欲しい」ということがあるので、その点は気をつけるようにしています。
子育てをしながらクイーンズビラで働いているそうですが、仕事との両立は大変なのでは?
三澤:子育ての経験をした方々もいらっしゃるので、子供が体調を崩した時はもちろん、学校で役員をしなければならない時も、勤務時間を考慮してもらいながら、仕事と子育てが両立できています。子供も、私が時間通りに出勤できるよう協力してくれますし、施設に連れてきたときの体験から「お母さんを必要としている人がいるんだ」ということを感じていて、親子の会話において「こんないいことがあったよ」といった日常の共有や、「こういう話し方をしたほうがいいよ」といったアドバイスをし合ったりできるようになって、良かったと思っています。

PAGETOP
Copyright © queensvilla All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.