埼玉県の特別養護老人ホーム・ケアハウス

スタッフ紹介

特別養護老人ホーム クイーンズビラ桶川
管理栄養士
中山由香里

クイーンズビラに入ったきっかけは?
中山:子供を保育園に預けてから通える職場を探していた時、偶然新設予定のクイーンズビラ桶川の介護職の募集が目に留まりました。これから栄養士も募集しようとしていると聞き、すぐに面接を受けに行ったのがきっかけでした。
管理栄養士の資格を取得されていますが、なぜ管理栄養士を目指そうと思ったのですか?
中山:栄養士の養成学校を卒業後、総合病院の厨房で主に療養食や離乳食を作る仕事をしていました。結婚後に退職し、子供を出産後に再就職したのが福祉施設でした。そこでは、献立作成や給食業務管理の仕事をしましたが、高齢者の栄養では何が問題になるのか、持病のある方にはどのような栄養管理が必要なのか、自分の浅い知識では不安もありました。そのため、きちんと勉強し直して自信を持って栄養指導できるようになりたいと考え、管理栄養士を目指しました。
普段は、どのようなお仕事をされていますか?

中山:事務職員と身の回りの清掃後、ユニットへ朝のラウンド(巡回)に行ったり、厨房に声をかけて何か問題や困っていることが無いか確認します。ユニットごとに多職種が集まり、情報共有と対策検討を行う時間もありますが、それだけでは状態の急変には対応できませんので、日々の介護職員、看護師とのコミュニケーション、ご家族からのご意向も大切にしています。
日中は事務処理のほか、食事の際にはご利用者の様子を見て、食事量の変化や、咀しゃくや嚥下に問題が生じていないか確認し、必要な改善策を検討します。また、記録も非常に重要なので、アセスメントやモニタリングの情報をしっかり記録します。
クイーンズビラ桶川では、「食」を介して色々な部署と関わる機会が年々構築されてきており、今では栄養士の仕事も他の職員に理解されるようになりました。

特別養護老人ホーム クイーンズビラ桶川
ユニットリーダー
高橋清美

福祉施設で働くことにしたきっかけは?
高橋:小学生の時、交流学習で高齢者施設に行き、行くだけで泣いて喜んでくれる姿を見たり、病の父を母が介助する様子を見たりする機会があり、そのころから介護の仕事に関心を持ち、福祉施設で働くようになりました。
普段、どのようなことに気を付けて、利用者の方々をサポートされていますか?

高橋:ご利用者の気持ちになって考える、ということをいつも意識しています。また、他の職員とのコミュニケーションをしっかりとって、きちんと連携が取れるようにしています。私自身は話すのが苦手だったりもしますが、周りの人が盛り上げて話しやすい雰囲気を作ってくれるおかげで、皆さんともしっかりコミュニケーションが取れています。
ユニットリーダーとして働いているそうですが、大変なことはありますか?
高橋:一人ひとりが同じ考えを持っているわけではないので、みんなが納得できる1つの落としどころを見つけて、それを浸透させることは大変だと感じます。ただ、10代で働いていた頃はとても忙しく、ご利用者と関わる時間が十分に持てない時期がありましたが、今は一人ひとりのことをきちんと見られるようになったので、クイーンズビラでの仕事は続けたいと思っています。

特別養護老人ホーム クイーンズビラ桶川
ユニットワーカー
介護福祉士
宮内謙吾

介護の仕事を始めたきっかけは?
宮内:色々な仕事をやっている中で、児童福祉施設で働いた経験が福祉の仕事に出会ったきっかけです。人のお手伝いをしたいという思いと、将来も続けられる仕事に就きたいと考えている中で、たどり着いたのは、老人介護の仕事でした。
どのような点で、入職してから成長できたと感じますか?
宮内:例えば、同じ「右片まひ」でも、ご利用者によって状況や介護の方法は異なります。始めは何もかも人に聞いていたことが、自分でも色々模索しながら調整し、ご利用者に応じた介護ができるようになったことと、それを人に教えられるようになった点は、自分が成長できたと感じます。

特別養護老人ホームで仕事をしていて、嬉しかったり楽しかったりする瞬間は、どのようなときですか?
宮内:利用者が最後の時を迎えられたとき、ご家族から「父は/母は、最期ここにいて幸せだったと思います」とお声がけいただいた瞬間です。気難しいご利用者や、一人では介護が大変な方々もいらっしゃいますが、最期にご家族からかけていただく言葉で、介護させていただいて良かったと思うことができます。

特別養護老人ホーム クイーンズビラ桶川
パート職員
実務者研修修了
阿部辰也

ご自身も年を重ねてから、なぜ介護の仕事を始められたのですか?
阿部:定年の際に次に何をしようと考えていたところ、両親の介護で初任者研修を修了していたことを思い出し、それを活かした仕事をしようと思い立ったのがきっかけです。この仕事を始めてからも介護の勉強を続け、実務者研修も終えました。将来は、介護福祉士の取得を目標にしています。
日々の仕事において、気を付けていることはありますか?

阿部:睡眠のリズムを一定に保つようにしています。決まった時刻に就寝し、毎日同じ時間眠るようにすることで、体のリズムが保たれ、生活や仕事に良い影響が出てくると感じます。
楽しく仕事を続けるコツはありますか?
阿部:コミュニケーションをしっかり取り、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」を大事にすることだと思います。情報共有をしっかりして、そんな話は聞いていない、という状況を無くせば、自然に職場環境が和やかになり、仕事そのものが大変でも、楽しく仕事ができるようになります。
PAGETOP
Copyright © queensvilla All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.