あんしん市場(移動販売)始まりました。

 

熊谷市東部圏域である成田山自治会をモデル地区として「あんしん市場」という移動販売が

令和2年6月2日に始まりました。

 成田山自治会長をはじめ、地域の方々からの「買い物が大変」という声と熊谷青果市場の

「安心・新鮮な野菜を届けたい」との思いをつなぎ、「あんしん市場」が実現しました。

熊谷市生活体制整備協議会の協力を得て、地域の方と熊谷青果市場、地域包括支援センターの職員とが何度も相談を行っています。

今後も様々な販売スタイルを試み、その地域に合った販売方法を地域の方と一緒に検討していきます。